CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
深井聡一朗個展「ネブカドネツァルの夢」開催中です。

深井聡一郎
ネブカドネツァルの夢

約8年半ぶりとなる深井聡一朗個展「ネブカドネツァルの夢」を昨日より開催しています。

今回テーマとなっているのは、旧約聖書ダニエルの章に登場するバビロニア王・ネブカドネツァル二世が見た夢に登場する彫刻です。 ネブカドネツァル二世の夢には、頭は金、胸と両腕は銀、腹と腿は青銅、脛は鉄、足は陶でできた人体彫刻が登場し、投げられた岩によって陶でできた足部分が砕かれると彫刻全体がバラバラに崩れ、残った岩は山となります。ダニエル少年による夢診断により、これらはのちに起こることを示唆し、金の頭はバビロニア、他の金属部分はバビロニアの後に興る国、最終的に残った岩は神の国(キリスト教)を表していると言われています。 この記述は夢の中に彫刻が登場する最古のものとされており、バビロニアという土地は深井にとって関心のある場所でもありました。

 

みなさんは朝、目が覚めた時、ついさっきまで見ていた筈の夢のことを思い出せないことはないですか?

「足がぶら下がっていたような。大きな緑のものが見えた気がする。」

断片的には思い出せるのに、全体が見えてこない。

でもすごく気になる。

 

夢は少し時間が経ってしまうと内容が曖昧になったり、忘れてしまうものです。

「夢ノート」をつけて見た夢のことをメモとして記録している人も私の友達の中にいました。

夢は非現実的なことでも、なぜか夢を見ている間は本当のことなのでは?と感じさせてくれる、その人専用のドラマチャンネルのような不思議な存在です。

 

そんな不思議な夢について考えるとまた見方も変わるかもしれない、深井総一郎の個展は昨日から開催中です。
17日土曜日にはオープニングパーティーがございます!
ぜひお越しくださいませ。

 

(staff yuka)

----------

深井聡一郎
ネブカドネツァルの夢
2019.08.14 [水] - 2019.08.25 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 
入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
■■■
8月17日(土)19:00〜
オープニング・パーティー
参加費:1000円(軽食+1drink+入場料)
■■■
8月24日(土)19:00〜
「無粋彫刻論 〜これまでとこれから〜」
ゲスト:冨井大裕・保井智貴(AGAIN-ST)
参加費:1000円(1drink+入場料込み、先着30名様)
■■■
8月25日(日)15:00〜
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物がついてきます。
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)

----------

Souichiro Fukai
Nebuchadnezzar II's dream
2019.08.14 - 2019.08.25
□admission
¥400(with tea)
□opening hours
12:00-21:00

■■■
17th August (sat) 19:00〜
Opening Reception
admission:¥1000(with food and one drink)
■■■
24th August (sat) 19:00〜
Talk event
Guest:Motohiro Tomii, Tomotaka Yasui (AGAIN-ST)
admission:¥1000(with one drink)
■■■
25th Augusut (sun) 15:00〜
Pre Ongoing School
Artist talk
admission:¥1500 (with cake and one drink)

| - | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/893PAGES | >>