CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
『Art Center Ongoing 2008-2018』刊行記念トークイベント

NADiff a/p/a/r/t にて、Art Center Ongoingの10年間の活動をまとめたドキュメント本、『Art Center Ongoing 2008-2018』の刊行を記念しトークイベントを行います。

小川希と共に、ゲストにはOngoingの顔とも言うべきアーティスト井出賢嗣と千葉正也が参加致します。
東京のアートシーンをArt Center Ongoing の10年間という視点から振り返り、10年続くArt Center Ongoing の“普通じゃない”活動をひも解いてお話していきます。
みなさまのご参加、ぜひお待ちしております!
ご希望の方は下記リンクより応募フォームからNADiff a/p/a/r/t へご連絡ください。

http://www.nadiff.com/?p=9808

| Ongoingの冒険 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊佐治雄悟 『イサジパターン2』
2011年にOngoingで行われた『イサジパターン』
あれから2年が経ちました。
なんだか展示が
よりシャープになっているように思えます。




前回をご覧になられた方も、そうでない方もぜひ!
今週末にはオープニングパーティーがありますよ。

■■■
5月31日 (土) 19:00〜
作家を囲んでのオープニングパーティー
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)

ぜひお越し下さい。お待ちしております。

 
| Ongoingの冒険 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
展示もあしたで最後ですよー
こんにちは。

昨日のイベント
「マブヤーウーティクーヨー(魂よ、追いかけてきなさい)」
出演:石川竜一(写真家)&吉濱翔
とても素晴らしかったです。
写真は後日アップする予定です。お楽しみに!

さて、

本日2月22日(土) 19:00よりトークイベントがございます。
「僕らが歩んだ沖縄」
出演:53235(K'DLOKK)、岡田有美子(前島アートセンター元事務局)、
石川竜一(写真家)、宮原一郎.(前島アートセンター元事務局)
参加費:¥1000(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)

本日の軽食はゴマ坦々鍋。トークをして、お酒飲んだり鍋を食べたり。
ぜひご参加ください。

…………​…………​…………​…………​…………​…………​…………​………

そして、明日
2月23日(日) 15:00より
作家を囲んでのクロージングパーティー&吉濱くんのOngoing AIR 報告会
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)
吉濱さんにOngoingで会える最後のチャンスです。
明日も軽食とドリンクがつきます。
お話しながらどうぞ!

涙のクロージングパーティー。お見逃しなく。



 
| Ongoingの冒険 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪を見ながらお酒でも


東京に雪が降ります。

Ongoingは自然と貸し切り。

ここではめずらしく、一人ぼっち。

今日会うはずだった井出くんが、

さっきメールで送ってくれた

エンケンの『雪見酒』を流しながら、

芋焼酎のお湯割りをひとつ。

すべての関係性から

雪がとざしてくれたかのよう。

なんだか気分がいいです。

雪を見ながらお酒を。

東京に雪が降ります。

| Ongoingの冒険 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週の金曜日はオンゴーイングの文化の日だよ
今週の金曜日、11月8日の20:00からは、
だんだんと恒例となりかけている
"オンゴーイングの文化の日"
がまたまたやってきます!
なにげに第5回目となる今回のホストは
あの!!!!
東野哲史さん


□ホスト紹介
東野哲史(ひがしのてつし)

1976年滋賀県生まれ。武蔵野美術大学造形学部空間 演出デザイン学科卒業。非生産的生産活動という名目のもと、単なる思いつきや日常の取るに足らないものごとに対してのレスポンスを制作の起点として、イン スタレーション、ビデオ、Web、パフォーマンスなど、メディアを問わず展開する。2013年「もののやりかた」@KCUA 京都市立芸術大学ギャラリー・アクア(京都)、 「東野哲史のサウンド・インスタレーション」Art Center Ongoing(東京)、「Oren en Ogen」Studio Trenkel(ロッテルダム)など

以下の公式HPより東野さんの傑作が沢山見れます!
http://www.workth.net/


東野さんの
オンゴーイングの文化の日の内容はどんなかといえば
題して!!!

『東野哲史のナイトスクープNIGHT』

タイトルから察した通りのどヤバい内容になる予定です、、、、


11月8日(水)
20:00より、Ongoing 1Fのカフェにて

要ワンドリンクオーダーですが、
それ以上の価値は絶対にあります。

二階の宇治野さんのブギー・マターズと併せてぜひ!!!!!!!

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| Ongoingの冒険 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディスカッションプログラム始動
こんにちは。寒い日が続きますね。

Ongoingでは山本篤展が大絶賛開催中ですが、
加えて明後日の金曜日、1月20日(金)に1Fのカフェにて
欧米美術大学のスタイルをベースにした『ディスカッション』プログラムが開催されます。
世界ベースで美術の活動を考えている方々、是非ご参加を!

以下詳細です。


『ブリッチ;
bridge』


欧米美術大学のスタイルをベースにした『ディスカッション』プログラム!

進行はゴールドスミスカレッジ/UCLスレードの元講師のアラン ミラーを中心に

土屋信子と森田浩彰の3人により、日英の二カ国語で行ないます。

留学を考えている方はもちろん、インターナショナルに活動をしていきたい人、

アーティスト、アートに携わる人達の広い参加を募集します。


2012年20日(19:00−21:00

場所   Art center Ongoing ( 1F カフェ)  http://www.ongoing.jp/

参加費  1500円 (ワンドリンク&ケーキ付)

参加人数 30名まで


========================================

「作品について人と話す」という行為、特に「異なる文化や思考をする人達と話をする」事は、自分の視点や思考をより明解にし、自分自身の気づかない側面を発見するために、非常に有効な手段といえるでしょう。

そして「会話を重ねる」により、視野を広げ、時代の中で、自分の活動が何を反映し、どのように受け止められるのかを知る事につながります。

私はイギリスで体験したこの「ディスカッション」では、目からうろこが落ちる様な経験と共に、常に何かしら自分の中の、奥のものが明確になっていく、とてもエキサイティングな記憶があります。

私たち企画者は、この「ディスカッション」を日本でも実施し、参加者それぞれに発見のある活気溢れる場を提供出来ればと考えています。          

土屋信子



============================================

アラン ミラー(Alain miller)  1996年サーチ主催のセンセーション展に出品。

講師歴として、ゴールドスミスカレッジ(大学院)1997-2005ロイヤルアカデミースクールズ1999-2003

UCLスレード(大学院)2000-2008Ecoles des beaux de valvncienne(大学院)2000(フランス)

その他非常勤講師は多校にのぼる。


土屋信子(主に通訳)2000年から10年間イギリスに滞在、2002年よりヨーロッパを中心に活動。

代表的な展覧会として「Unmonumental」ニューヨークニューミュジアム200850thベニスビエンナーレ2003

現在1118日−128日まで、SCAI the bathhouseにて個展を開催中。


森田浩彰  2002年、ゴールドスミスカレッジ大学院修了。

代表的な展覧会として「タイムクエイク」青山|目黒 2011、「日常の喜び」水戸芸術館2009が上げられる。

2006年から東京造形大学、2009年から跡見学園女子大学で現在講師として勤務。


==============================================

今回は作品展示者2名を含め、展開します。

当日はすべてを通訳しながら進めますので、英語が話せない人の参加も広く募集します。

もちろん、インターナショナルに活動する人には、英語で考えを話す良い機会ではないでしょうか。

アーティストに限らず、キュレータやライター、それを目指す人達など広い参加を募集します。

内容についての問い合わせは、 nobukotsuchiya@gmail.com 土屋まで。

| Ongoingの冒険 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
COBRAからの便り/ From COBRA
Ongoingの小川です。
今日も今日がきてくれましたね。良かった。

さて、Ongoingにもよく遊びにきてくれるアーティストの一人のCOBRAがアクションを起こすようです。
以下COBRAからの便りです。
今を生きるアーティストは必読。


*************
日本、海外の美術関係者の皆様 
【FAXINATION JAPAN】協力のお願い
 
私は日本・東京にあるXYZ collective( http://xyzcollective.org/ )というスペースのディレクターを務めます、アーティストのCOBRAです。
3月11日に起こった東日本大震災により、日本はかつてないほどの災害に見舞われています。
XYZ collectiveでは、3月20日にグランドオープニングパーティーを行う予定でした。ですが今回の地震の影響により、延期することになりました。XYZ collectiveはアーティストが主導し、様々な企画を実験的イベントや展覧会を行うとともに、国内外のアーティスト同士のネットワークを確立するため、3 月20日のオープンに向け準備してきました。しかし、今回の地震そして原発事故という壊滅的な被害を受ける状況で、私を含めディレクター陣は何が出来るの か、どういう行動をとるべきか、という事を数日間考えておりました。美術作家として活動をするべきか、それとも被災者として避難するべきか……。
 
そして出した結論は、3月20日にXYZ collectiveにて【FAXINATION JAPAN】というプロジェクトを立ち上げることにしました。
一台のファックスをXYZ collectiveに用意します。
そして私たちが知り得る限りの国内外のアーティストに連絡し、そのファックスに被災者や日本の人々へ向けた絵や写真、その他の“メッセージ”を送って貰うように呼びかけます。
そして集まったメッセージを壁に貼り、その作品群を後日販売します。販売で得たお金は100%を義援金として、日本赤十字社に寄付します。
 
* このファックスで作品を集めるという手法はXYZ collectiveの共同ディレクターである松原壮志朗が以前参加した、BILL SAYLORのキュレーションによる展覧会「FAXINATION」(2008年)から着想を得てます。タイトルもそのまま使っています。BILLとはす でに連絡をとりあい、【FAXINATION JAPAN】に協力してくれるとの回答を得ました。
「FAXINATION」(2008)
 http://galleriloyal.com/gl030_faxination.html
 
【FAXINATION JAPAN】に賛同してくれるアーティストが、日本や海外にどれくらいいるのかわかりませんが、多くのアーティスとが参加し、沢山のファックスが集まれば集まるほど、よりメッセージが強くになると信じています。
3月20日に【FAXINATION JAPAN】の立ち上げ会をしますが、余震や停電、そして原発の問題もありますので、XYZ collectiveに来ていただくのは、本人の危機管理にお任せします。しかし、【FAXINATION JAPAN】のプロジェクトに参加していただけるという方は、ぜひファックス(Fax:03-5799-4912)で“メッセージ”を送信してください。 日本だけでなく、海外のアーティストに知り合いがいる方は、是非彼らにも連絡してファックスを送って欲しいです。
 
※届いた作品を販売することにご理解いただけるという方のみ、ファックスを送信して下さい。
※【FAXINATION JAPAN】は3月20日以降も、ファックスが届くならば継続し続けます。
※ 海外在住のアーティストの方へ、ただいま日本国内の電話回線は非常に込み合っており、出来る限りファックスで送信していただきたいのですが、それが不可能な場合のみjpegA4のサイズでメールにてお願い致します。
xyz.cobra@gmail.com


<プロジェクト詳細>
【FAXINATION JAPAN】
日時:日本時間  3月20日(日)12:00〜
場所:XYZ collective 世田谷区弦巻2-30-20-1F (http://xyzcollective.org/access)
FAX番号:03-5799-4912

Facebook page「FAXINATION JAPAN」
http://www.facebook.com/pages/FAXINATION-JAPAN/204038426290389

XYZ collective HP「FAXINATION JAPAN」
http://xyzcollective.org/archives/326



(1)サイズ A4 (1人何枚でも構いません、また何枚かで一つの図柄でもかまいませんが解りずらいものは設計図も送って下さい。)
(2)サインを必ず入れて下さい
(3)尚、届いた作品は販売し100%を義援金として、日本赤十字社に寄付します。
 
*会場では募金ボックスを用意し、コーヒーを振る舞います。飲み物・食べ物等を持ち寄っていただいてもかまいません。
XYZ collective
COBRA

xyz.cobra@gmail.com
http://xyzcollective.org/
 
 
 
 
============================================================
 
 
 
 
To everyone in art business,
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
  [FAXINATION JAPAN]
 

This is COBRA, an artist and director of art space XYZ collective
(http://xyzcollective.org/) in Tokyo.
 
Currently, Japan is facing difficult time because of earthquake
happened in 11th of March.
 
XYZ collective, an artist run space, originally planned to open in
20th of March.
But the opening is postponed because of the earthquake.
The space supports experimental events both domestic an foreign. Also
the place aim to establish network here in Tokyo with artists as they
gather here.
 
With this earthquake and nuclear crisis, directors discussed what we
can and should do in the catastrophic damage.
Should we stand up as artists or evacuate as victim s of disaster?
 
As conclusion, we decided to start project [FAXINATION JAPAN] at XYZ collective.
 
First, we prepare a fax machine at the venue.
 
we ask artists around the world to fax us paintings/pictures/messages
on A4 paper.
The sent works on A4 paper will be hang on the wall and sold.
The 100% of profit from sales will be donated to Japan Red Cross.
 
*This project is originally started by Bill Saylor. Soshiro Matsubara,
our co-director, has joined the exhibition in 2008. This time we
receive
permission by Bill Saylor to appy the idea in Tokyo.
"FAXINATION" 2008
http://galleriloyal.com/gl030_faxination.html
 
I cannot tell how many artists support the idea of [FAXINATION JAPAN],
but I believe with the more artists join, the more stronger the
message will be.
On 20th of March we will hold launch gathering, however, with
aftershock, electrical outage and problems of nuclear plant, it is
individual's responsibility to keep oneself safe on the way.
For those who join the project [FAXINATION JAPAN], please send us
"message" through fax (+81-3-5799-4912). Please also spread the words
to artists abroad.
 
**Please also note that works will be sold here in Japan. The works
are not returnable.
 
**The project will last as long as we receive "messages".
 
**For artists abroad, the telephone line in Japan has been very busy
since the earthquake. We do prefer the works sent by fax, however, if
the fax line is busy we accept A4 jpeg image by email.

xyz.cobra@gmail.com
 
 
<Details of the project>
 "FAXINATION JAPAN"
 
Time and Date: noon, 20th March, Sunday (Japan time)
Place: XYZ collective 2-30-20 Tsurumaki, Setagaya, Tokyo, JAPAN
(http://xyzcollective.org/access)
Fax number: +81-3-5799-4912



Facebook page「FAXINATION JAPAN」
http://www.facebook.com/pages/FAXINATION-JAPAN/204038426290389

XYZ collective HP「FAXINATION JAPAN」
http://xyzcollective.org/archives/326




 
1. Regulation in size: A4 (An artist can submit several works. Several A4 paper can consist bigger images, please send us how to putthem together in case they are complicated.)
 
2. Please do not forget to sign them.
 
3. Sent works will be sold and 100% of profit from sales will be
donated to Japan Red Cross.
 
***We prepare coffee at the venue. Please feel free to bring foods and drinks.
 

XYZ collective
COBRA

xyz.cobra@gmail.com
http://xyzcollective.org/

| Ongoingの冒険 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。

Art Center Ongoingの小川希です。

2011年のお正月、皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか?

Art Center Ongoingは、おかげさまで今月で3周年を迎えます。いよいよ未踏の4年目に突入なのです!
ここまで続けてこられているのも、いつも応援してくださる皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございます。

今年は、昨年にもまして現在進行形の挑戦を重ね、さらなる飛躍の年にしていきたいと思っています。


そんな2011年一発目の展示は、

和田昌宏『Big Tomorrow』

で始まります!

http://www.ongoing.jp/gallery/wada2011.html

Art Center Ongoingが2008年にスタートした際、こけら落としの作家であった和田君。まさに3年ぶりの個展での登場となります。

もちろん、2階のギャラリーが新年からやっばい事になっています。年末年始のしばらく見ない間に、見知らぬ場所になってました〜

気になる展示は、今週の土曜日、1月8日の18:00が、オープン。
当日は18:30より、オープニングパフォーマンスが予定されており、パフォーマンス終了後にオープニングパーティーへとなだれ込みます。いんやー、どっきんどっきんですね。


そんな期待に胸にときめかせながら、
Art Center Ongoingは、
明日1月5日(水)のお昼より、2011年の通常営業を開始いたします。1階のカフェをあたたくして、みなさまのご来場をお待ちしております。


2011年も、Art Center Ongoingを何卒よろしくお願いいたします。





| Ongoingの冒険 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
タブラとボンゴと夜と
こにゃにゃちわ。
久しぶりの書き込みの小川です。

本日のOngoingは、
アーティスト東野哲史さんの『WIG TWIG』展
開催特別企画として
パーカッショニストのASA-CHANGをお招きして
"ASA-CHANG のタブラボンゴナイト"
が行われました!



ASA-CHANGによる曲に載せたタブラボンゴの演奏に始まり、
これまでの、ASA-CHANGの活動の軌跡、
タブラとボンゴのお話、
「民族」と「民俗」のお話、
太鼓にまつわる歴史のお話、
ここ日本の歴史の話、
そして、最後はみんなで大合唱、
と、ASA-CHANGによる軽快なトークと映像、
そしてそこに決して軽くないお話を織り交ぜながら
大変濃厚な2時間を体験させてもらいました。






音楽は、単純に音を楽しむだけのものではなく、
社会や歴史や民俗など、様々な問題へとつながる事のできる
入り口なのだと言う事を気付かせてもらいました。

タブラボンゴナイトは
これからも全国各地で行われていくと思います。
太鼓のこと、音楽のことを、そして人間のことを知りたい方は
ぜひとも、足を運んでくださいね!


それと、ASA-CHANGの筆ペン直筆による日記連載「筆ペン日記」も
Ongoingにて販売する事になりました。
こちらも是非!





ASA-CHANG、
それでは、今日は本当にありがとうございました。

これからも頑張ってください。
またどこかで。




| Ongoingの冒険 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
真壁智治さんとのトークイベント

こんにちは、展示作家の志村です。
今日はプロジェクトプランナーの真壁智治さんとのトークイベントがありました。
著書の『カワイイパラダイムデザイン研究』を読んで以来、
いつかお話をしたいとは思っていましたが、まさか今回実現するとは!
作品をつくり続ける中で会いたい人に会える。
大げさですが、作品をつくってきて本当によかったと思えた瞬間でした。


約40歳年上の大先輩(お互いムサ美卒)とのトークに緊張して臨んだものの、
真壁さんの柔和な語り口のおかげで後半に進むにつれて緊張もほぐれていきます。
(真壁さん、想像以上にお茶目です!)


自分の過去の作品から、街の中で展開を始めた最近の作品を紹介しながら、
この夏参加する「あいちトリエンナーレ2010」の会場となる長者町のお話まで、
話題の中心は真壁さんの専門となる"都市へのまなざし"に迫っていきます…。


「場所の可能性を一瞬たりとも感じられることに全力を傾けてほしい。」
「瞬間的にでも、その場所の未来の可能性を感じさせるのがアーティストの仕事。」


インスタレーションという仮設的な作品が歴史のある街の中で何を果たせるのか、
そんなことを模索していた自分にとって、これ以上ない励ましの言葉でした。


イベントに来て頂いたお客さんの半数以上が参加した(!)二次会の席でも、
真壁さんを囲みながらのお話はつづき、吉祥寺の夜はいつも以上に濃かったです。
展示も終盤ですが、自分のやれることはまだまだ沢山あると気づかされました。
真壁さん、そしてこの機会をつくって頂いたOngoingに感謝です!
| Ongoingの冒険 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/10PAGES | >>