CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Ongoing AIR vol.6 − 進藤冬華さん インタビュー2 | main | 「もんよう どうしよう」展が始まりました >>
Ongoing AIR vol.6 − 進藤冬華さん インタビュー3
インタビュー1〜日本のことを考えるためにサハリンへ
インタビュー2〜ひとつひとつ丁寧に向き合い、リアクションをしていく
 

文様について考えてみる
 
 23日(水)からスタートするOngoingの展示「もんよう どうしよう」について、少し教えていただけますか。
 
進藤 今までは、サハリン、北海道、東北の各地で、実際に見たものや聞いたことをモチーフに作品をつくっていましたが、今回の展示ではこれらの地域に見られる文様について考えてみたいと思っています。
 
 なるほど、だから「もんよう どうしよう」なんですね。(笑)
 
進藤 そうです。(笑)
民族や地域によっていろいろな文様がありますが、それぞれ法則があったりして面白いんです。たとえば、アイヌの文様はよく見るとすべての線がつながっていて、一筆書きのようになっているんです。
 
 へえ (インターネットで画像検索をしながら)ほんとだ!
 
進藤 青森の刺し子も気になってます。刺し子には「こぎん刺し」や「菱刺し」などの技法があるのですが、この刺し子も面白いんですよ。江戸時代、藩令で農民が着てもいいのは麻のみと決められていたのですが、東北の冬は麻だけでは寒くてつらいですよね。だから補強と防寒のために、麻布に麻糸で布目を埋めて刺繍を施したのが、こぎん刺しや菱刺しの始まりだそうです。デザインとして発展したのはその後だそうです。
 
 はじまりは生活の知恵だったんですね。
 
進藤 そうなんです。
刺繍や染めもそうですが、文様も民族や地域によってちがっていて面白いです。今回のレジデンスを機に、文様について考えたいと思っていますが、奥が深くてどうしよう…と思っています。
 
 楽しみにしています。() 
 
東京滞在を経て
 
 それでは、最後に東京での滞在について伺いたいと思います。今までも東京の方へはよくいらしていたそうですが、今回、Ongoing AIRで滞在してみてどうでしたか? なにか変化は感じていますか?
 
進藤 はい、すごく感じています。
東京に来て色々な人にお会いして、たくさん作品を見る中で今まで自分が受け入れてこなかったような作品も面白いと思うようになりました。
 
 それは大きな変化ですね。たとえば、どんな作品でしょうか?
 
進藤  いろいろありますが、その一つの経験がARATANI URANOで観た《大木裕之「闘い/抽象/具体/現象」with 高崎元尚》という展覧会です。
展覧会に行くより先に大木さんご本人にお会いする機会があったのですが、なんというか不思議な方で妖精みたいに感じました。それで、展覧会に行ってみたら、映像作品もフックがないというかとっかかりがないような感じで不思議なんですけど、それが面白いと思ったんです。
さらに、展覧会の担当の方が色々解説してくれて、どんな様子で作品を編集されていたかとか、作品についてどんなことを話していたかとか教えてくれて、それを聞いたら妖精だった大木さんがこんどは人間みたいに思えたんです。
多分作品だけじゃなくて、この体験もあったから印象に残っているのかもしれません。
 
 大木さんが妖精!(笑)面白いですね。でも分かるような気がします。
 
進藤 Ongoingに集ってくる人たちは、みんな個性が強いですよね。お話をしていて、とても面白いし刺激にもなっています。
東京のアートシーンでは、本当にいろんなことをやっている人がいるので、自分の方向性や心地の良い場など選択肢が色々あるのがよいですね。
 
 その辺のお話は、26日(土)のトークショーでもっと深く聞けそうですね。お話をいろいろ伺って、23日(水)スタートの「もんよう どうしよう」がよりいっそう楽しみになりました。ありがとうございました。



 
2014年4月初旬 Art Center Ongoing にて―聞き手:弘川ゆきえ 


作家HP http://fuyukashindo.tumblr.com/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 
進藤冬華『もんよう どうしよう』
2014.04.23 [水] - 2014.04.27 [日]

12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)
■■■
4月23日 (水) 19:30〜
作家を囲んでのオープニングパーティー
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)
 
■■■
4月25日 (金) 20:00〜
『オンゴーイングの文化の日』
多摩川での釣りの記録映像公開と釣りに関係する映画鑑賞
ホスト:進藤冬華
 
参加費:ワンドリンクオーダー
 
■■■
4月26日 (土) 19:00〜
トークイベント『東京の美術のこと』
ゲスト:柴田尚(NPO S-AIR代表、北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツ文化学科教授)
    高橋喜代史(アーティスト)
    東方悠平(アーティスト ※スカイプ参加)
料金:1000円 (ワンドリンク+入場料、先着30名様)
 
■■■
4月27日 (日) 18:00〜
クロージングパーティー+Ongoing AIR報告会
参加費:1000円(軽食+ワンドリンク付き、入場料込み)



 
| Ongoing AIR | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック