CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 飯川雄大 『DECORATORCRAB ―0人もしくは1人以上の観客に向けて―』 | main | 小川格「ぼくの好きな先生(方)/My Favorite Master(s)」 >>
小鷹拓郎「Political Planet X」

 

本日19時より原万希子、小川希によるトークイベント「カナダ・バンクーバーのアート事情」を行います。
参加費:1000円(1drink+入場料込み)

ぜひぜひご参加ください!

 

-----

小鷹拓郎
Political Planet X

 

本日も開催中です!

 

2019.05.22 [水] - 2019.06.02 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)


上映時間:1時間20分(途中入場はできませんのでご注意ください)

上映スケジュール:
12:00-13:30
13:30-15:00
15:00-16:30
16:30-18:00
18:00-19:30
19:30-21:00(最終上映回)

 


-----

この度Art Center Ongoingでは、小鷹拓郎 個展『Political Planet X』を開催いたします。小鷹はこれまで、アフリカ、中東、アジア各国に滞在し、噂や忘れられた記憶をテーマにした映像作品を発表。近年はドキュメンタリーとフィクションを往来し、UFOや宇宙人といったSF要素と社会構造、政治問題を融合させたSF映画シリーズの制作に取り組んでいます。
近年の代表作「村にUFOを誘致する」は、原発誘致に失敗した過去を持つ村における「原発」をUFOに置換し、村人の協力のもと制作されたフィクションドキュメンタリー映画です。巧みに交えられた独特なユーモアとフィクションは、鑑賞者へ、村と「UFO」の関係性についての考察を促します。
Ongoingでは5度目の個展となる本展は、2018年にタイ・チェンマイのCMUアートセンターシアターで開催された「Political Planet X」の巡回展となります。2017年、小鷹は文化庁新進芸術家海外派遣研修員としてタイに一年間派遣されました。当時のタイは、2014年に軍事クーデターによって従来の憲法と議会が廃止、2016年には70年以上に渡り在位し国民から敬愛を受けていた前プミン・アドゥンヤデート国王が崩御、新国王が即位。そして2017年4月には新憲法が公布、施行されるなど、現在まで続く急進的な変革の最中にありました。
軍事国家へと舵を切ったタイにおける表現活動への規制はとても厳しく、2017年以前にもタイでの滞在制作を経験していた小鷹は、その変化に驚いたと言います。そうした環境の元、小鷹はタイ各地で活動するアーティストらと一年間に渡り共同制作をおこないました。
本展では、深南部パタニーのイスラム過激派による爆弾テロ地帯、60年代に革命詩人が倒れた東北イーサンの森、そして13人の少年たちが遭難した北部のタムルアン洞窟を舞台に制作された、3本のフィクションドキュメンタリーをご覧いただけます。それぞれの映像は、小鷹が拠点としていたチェンマイ、バンコクの大都市での時勢の動きとも呼応しながら展開、連環を持つ三部作です。
ユーモアと知恵、そして人々とのつながりを持ってして、表現規制の網の目をすり抜けその抑圧の構造へ切り込んでいく小鷹。全て日本では初公開となる映像は必見です。週末にはタイ滞在中の家族との日常生活について、また現地のアートシーンに密着したトークイベント等もございます。 皆さまぜひ時間に余裕を持ってのご来場、小鷹ワールドを堪能しにいらしてください。
(Art Center Ongoing 津賀恵)

 


小鷹拓郎 Takuro Kotaka
1984年埼玉県生まれ。これまでアジアやアフリカでドキュメンタリーとフィクションを織り交ぜた映像作品を制作。2017年から文化庁新進芸術家海外研修員として一年間タイ・チェンマイを拠点に活動。
主な展覧会に2019年「Beyond the Final Frontier」(Subhashokアーツセンター)、「Bangkok Biennial 2018:Re/Form/Ing Patani」(パタニーアートスペース)、「Prep-room Drills of Place and A Paradox」(シンガポール国立大学美術館)など。主な映画祭に、2017年「第16回ジョグジャカルタ国際ドキュメンタリー映画祭」(タマンブダヤ映画館)、2018年「Kaleido Asia」(タイ国立フィルムアーカイブ)などがある。
2019年からポーラ美術振興財団在外研修員として一年間インドネシアを拠点に活動予定。

■■■
6月1日(土)19:00〜
トークイベント
「タイの地域アート最前線 〜タイ報告会第二部 アート編〜」
・昨年タイで開催された5つのビエンナーレや、爆弾テロ地帯として知られているタイ新南部パタニー、モーラムなどの音楽で知られるタイ東北部イーサンで活動するアーティストたちを紹介します。
ゲスト:調整中
参加費:1000円(1drink+入場料込み)


■■■
6月2日(日)15:00〜
Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物がついてきます。
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)

 

 

(staff kana)

| インターン日記 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ongoing.jp/trackback/1006702
トラックバック