CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 深井聡一朗「ネブカドネツァルの夢」 | main | A celebration for the souls 2(魂たちのための祝祭2) >>
A celebration for the souls 1(魂たちのための祝祭1)

現在、展示を開催中のConstanceのブログを日本語(前半)にしてみました。

展示については、こちらをご覧ください。

This is a bilingual version of blog (the first half) written by Constance, who's the artist of current exhibition.

 

- - - -以下、ブログ記事の前半- - -

 

2019.08.25 Sunday

Konichiwa! My name is Constance Hinfray, I'm a new resident of art center ongoing. I'm half french, half german, and I am very interested about japanese culture.

こんにちは!Ongoingの新しいレジデンスアーティストのコンストンス・ヒンフレイです。私は半分フランス人、半分ドイツ人で、日本文化にとても興味があります。

 

 

It's great to be able to research about the myths and the legends I've been fascinated about, but also observe how the the many spiritualities emerges in the daily life here.

日本に伝わる神話や昔話についてリサーチしながら、人々の生活のなかでどのように沢山のスピリチュアリティ(*)が生まれるのかを観察できるのがとても嬉しいです。(訳注:ここでの意味はおそらく「目に見えないもの・魂・神を信じる力、またはそれに基づく考え方・行事など」のこと)

 

Maybe it's because as a kid we used to play too much gameboy and I finally end up believing I was a pokémon myself,but I think that as french kids, growing up in the nineties, we were sensibilized somehow to animism. The japanese animé wave impacted France and I can't count the hours playing and watch at The legend of Zelda or Pokémon.

(様々なものに魂が宿るという考え方に興味があるのは、)きっと私が小さい頃にゲームボーイばかりやっていて、自分のことを「ポケモン」だと思い込むほど熱中していたからでしょう。これは私に限ったことではなく、90年代にフランスで子ども時代を過ごした人の多くが同じ経験をしていると思います。私たちはこうしたカルチャーをとおして、アニミズム的な世界に対し感受性をもった世代なのです。日本のアニメがフランスに及ぼした影響は計り知れません。私自身、「ゼルダの伝説」や「ポケットモンスター」に費やした時間も数えきれません。

 

For my first post, I want to talk about a special phenomenon that I could observe. Our relations with our ancestors and death. Cultivating faith and maintaining a spiritual relation with the people we knew and loved has to be something very intimate, I guess.

この初投稿では、私が出会った特別な出来事についてお話しします。私たちと、祖先や死の関係について。信じる心を育むこと。そして愛する人との関係を、かれらの死後も親密に保つことについてです、おそらく。

 

 

In japan I discovered a whole invitation to do so. And not only with our ancestors, but with people who died in general. Praying for everyone may be something normal in a country that encounter so many disasters and lost.

日本には、亡くなった人の魂と関係を持ち続ける方法がたくさんあることを発見しました。自分の先祖との関係だけではありません。亡くなった人すべてと、です。自然災害が多い国にとって、すべての魂に祈りを捧げることは、もしかすると特別なことじゃないのかもしれません。

 

How the dominant religion in your original country brings the subject of death in the dogma and aesthetic must surely influence the way we see the world, the life and death. Or you have an internal faith as strong as a roc and you are capable to select the holy education you get and you might slowly adapt yourself to the vision of whatever priest is in front of you.

生まれ育った国の主要な宗教において、どのように「死」のテーマが教えられ、視覚的に表現されているかは、個人の世界観と死生観を大きく左右します。あるいは石のように強い心で自分で信仰を選んだ人も、いつしか目の前の祭司のヴィジョンに、どんどん自分を適応させてしまうでしょう。

 

(The first time I understood japanese spiritual sensibility resonates with me was the first time I went to onsen. I was asked to get totally naked in front of other women, it is something I never have been told to do in France, where the tendency is rather to hide your nudity or add artifices to it.The pleasure to go in the bath, naked, outside under the snow was unforgettable.)

(ちなみに、日本的な感性に自分が共鳴する(合う)と分かったのは、初めて温泉に行ったときのことです。ほかの女性たちもいる場所で裸になるように言われました。これはフランスでは経験のないことです。フランスでは、裸を見せないようにする、もしくは何かで隠すことを求められます。裸で外に出て、雪降る中、お風呂に入ることの喜びは、忘れられません)

 

後半はこちら

Here you can find the latter half. →click here

 

| Ongoing AIR | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ongoing.jp/trackback/1006711
トラックバック