CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ルーマニア野外映像祭:上映作品7 | main |
ルーマニア野外映像祭

 

9月28日(土)19時より開催される「ルーマニア野外映像祭」!画像をクリックすると、各作品・作家の紹介ページにジャンプします。気になる作品をぜひチェックしてみてください!

1989年のルーマニア革命により当時の独裁政権が打倒されてから、ちょうど30年。その後のめざましい経済発展をへて、激動の時代の中、生きてきたアーティストたちが、いま何を考えているのか。少しでもルーマニアの現代のリアルを垣間見れる機会になれば、と願っています!

 

Adelina Ivan (b.1970)

1. "1.00 (ten)"(2016)

4. "Atena Adjusting Her Sandals" (2016)

20世紀のルーマニアにおける「身体」についての考察、そして自由の再定義。

 

 

Paul Muresan (b.1988)

2. "Nap" (2014) (訳注:原題"Pui de Somn" や "Baby Nap"というタイトルでも知られる)

6. "Mom, Dad, I have to tell you something" (2016)

世界各地で数々の賞を受賞した"Nap"は実は、彼なりの「夢」の礼賛。"Mom〜”は、いまだホモフォビアが根強いルーマニアにおいて、大切な作品。

 

 

Silvia & Bogdan (b.1991)

3. "Killing Hope" (2017)

SF映像小説。共産主義の思想をもつ若い女性が、精神病院らしき場所に幽閉される。

 

Cristina David (b.1979)

5. "114 Video Tapes" (2015)

セルフ・ポートレイトとしての映像作品。

 

Anca & Arnold (b.1977, 1978)

7. "No Shelter From the Storm" (2015)

昔から、森は、戦争が起きたとき、人々に自然の隠れ場所をあたえてきた。

| Onoging企画イベント | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ongoing.jp/trackback/1006718
トラックバック