CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Ongoing Fes 2019 | main |
大木裕之 「オーマイゴッド/イ・チ」

大木裕之「オーマイゴッド/イ・チ」

 

昨日より開催中です。

 

2019.11.13 [水] - 2019.11.24 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(セレクト・ティー付き)

 

展示空間は現在も手を加えられ続け、刻々と変化しています。
会期中それぞれの日、それぞれの時間にしか味わえない現象を
ぜひ体験しにいらしてください!

 

以下、Ongoing代表による展示紹介文です。
------------------------------------------------------
大木裕之を見たことはあるか? それはこの国でアートに関わる上でとても大きな問題だと思う。
たしかOngoingをオープンしてすぐだったと思うから、もう10年以上も前のこと。ぴったりとした黒のスパッツを履き、スポーツメーカのショルダーバックを肩にかけ、スラリと体格の良い、目のギラギラした男が、Ongoingの1階のカフェにニヤニヤしながら突然座っていた。目があうと「どうも」と挨拶をしてきて、「こいつは絶対にヤバイ」と瞬時に察したけれど、その優しい笑みから敵意がないのはわかった。ただし、その赤ら顔から酔っ払っていることは一目瞭然で、こともあろうことか、しばらくすると床に横になり、いびきを立てて寝はじめたのである。絶句したけれど、気持ちよさそうに眠るその様子から、すぐに起こす気にはなれなかった。それが、僕がはじめて大木さんを見た時のこと。
それ以降、大木さんはちょくちょくOngoingに足を運んでくれるようになった。毎回必ず酔っ払っているけれど、人懐っこい笑みを浮かべて「どうも」と挨拶してくれる。たまたまその場にいたアーティストやお客さん、インターンスタッフにも優しく話しかけてくれて、みんな、はじめはギョッとするけれど、すぐに大木さんを好きになってしまうのだ。子供から大人まで例外なく。それは、誰にでも変わらない大木さんの優しさからなのだろう。大木さんの持つ本質的な優しさが出会う人々の心を開くのだ。
大木さんは神出鬼没だ。彼を知る人は、みな納得するだろうけれど、「あらどうも」と突然話しかけられる。美術館やギャラリーなどのアートの現場はもちろんのこと、道端なんかでもばったりと出会う。「今日、大木さんとたまたま道で会いましたよ」なんて話は日常茶飯事。それは東京だけでなく地方なんかでも起きる怪現象である。でも神か鬼というよりかは、妖精に近い気がする。そこかしこに突如として現れる優しい妖精。
本人の存在が大きすぎて作品の話を全く書いてなかった。大木さんはいつもビデオカメラを持ち歩いている。様々な場所に突如として現れては、その場の状況を切り取っていく。切り取られた映像は、次々と繋ぎ合わされ、1本の映像作品が完成する。1シーン1シーンは驚くほどに短く、編集の意図を感じ取るのは容易ではないけれど、最終的に出来上がる作品にはリズムとメロディー、そして感情が詰まっていて、見る者の心を揺さぶる。それはロゴスではなく詩的な感動。大木さんは現代における吟遊詩人でもあるのだ。
神出鬼没で、たまたま出会った日常を切り取り、上質の詩=映像作品を生み出す優しい妖精。僕はそんな大木さんを見るたびに、心から敬服すると同時に、いつも安心してしまう。この人がいる間はまだこの国も大丈夫だと。
だからもしあなたが大木裕之をまだ見たことがないのだとしたら、それはかなりまずいことだと思う。なぜなら大木さんこそが、現代において絶滅危惧種となってしまった本物の「アーティスト」なのだから。
(Art Center Ongoing 小川希)

 

 

 

■■■
11月16日(土)19:00〜
オープニング・パーティー
参加費:1000円(軽食+1drink+入場料)


■■■
11月23日(日)19:00〜
トークイベント
ゲスト:鈴木光(映像作家)
参加費:1000円(1drink+入場料込み、先着30名様)


■■■
11月24日(日)15:00〜
Pre Ongoing School
お好きなケーキとお飲物がついてきます。
料金:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)
| インターン日記 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ongoing.jp/trackback/1006720
トラックバック